ベランダベース

国土交通大臣認定取得
飛び火 DR-0257

施工方法

下 地

  • 支持部材:一般製材(JAS)、大きさ:幅36mm以上×高さ30mm以上を使用
  • :一般構造用軽量形鋼、大きさ:幅50mm×高さ100mm以上、鋼材厚さ2.3mm以上
  • [留付け方法]
  • 1.一般製材を500mm間隔以内で組み立ててください。
  • 2.一般構造用軽量形鋼を500mm間隔以内で組み立ててください。

野地板

  • 製品:普通合板(JAS)又は構造用合板(JAS)
  • 形状:平板、厚さ12mm以上を使用
  • [留付け方法]
  • 1.釘:直径2.1mm以上、長さ30mm以上(JIS A 5508)
  • 2.タッピングねじ:直径3.5mm以上、長さ32mm以上(JIS B 1122、JIS B 1125)
  • 3.間隔:1又は2を303mm以内で留付けてください。

補強材

  • 製品:アスノン(スラグせっこう材)
  • 形状:平板 厚さ8mm以上を使用
  • [留付け方法]
  • 1.釘:直径2.1mm以上、長さ30mm以上(JIS A 5508)
  • 2.タッピングねじ:直径3.5mm以上、長さ32mm(JIS B 1122、JIS B 1125)
  • 3.間隔:1又は2を303mm以内で留付けてください。

目地処理

補強材の目地部分に目地テープを張付けてください。

プライマー塗布

ウレタン系プライマーを固形量0.1(±0.01)kg/m2以下で塗布してください。

下 塗

ポリエステル系樹脂を厚さ0.4(±0.04mm)、固形量0.45(±0.04)kg/m2で塗布してください。

防水層

ポリエステル樹脂を固形量0.7~1.85kg/m2で塗布し、直後にガラス繊維マット質量0.38~0.90kg/m2を張り付け、さらにポリエステル系樹脂を固形量0.7~1.85kg/m2で塗布してください。
(防水層は上記の樹脂塗布量及びガラス繊維重量の範囲で1層または2層に分けて施工を行う。)

中 塗

ポリエステル系樹脂を厚さ0.4(±0.04)mm、固形量0.45(±0.04)kg/m2で塗布してください。

上 塗

  • ・ポリエステル系樹脂塗料を厚さ0.3(-0.03)~1.1(+0.11)mm、固形量0.35(-0.04)~0.44(+0.04)kg/m2で塗布してください。
  • ・無機質系防滑骨材:0.09kg/m2以下で塗布、又はなし。

その他

野地板(合板12mm以上)と補強材(アスノン8mm以上)は千鳥に張ってください。(目地が揃わないようにしてください。)

主要構成材料

項 目 仕 様
形 状 FRP防水材葺き形状
支持部材の間隔 500mm以下
支持部材の傾斜角度 0°以上 30°以下
FRP防水
  • 厚さ2.4(-0.24)~5.4(+0.54)mm
  • 質量3.2(-0.32)~6.0(+0.6)kg/m2
  • 1)ポリエステル樹脂系塗料(上塗)
  • 2)ポリエステル樹脂(中塗)
  • 3)ガラス繊維強化ポリエステル系樹脂(防水層)
  • 4)ポリエステル系樹脂(下塗)
  • 5)プライマー(ウレタン系樹脂)
スラグせっこう板 厚さ8mm以上
野地板 合板:普通合板(JAS)または構造用合板(JAS) 厚さ12mm以上
支持部材(垂木)
  • 1)一般製材(JAS):
  • 大きさ:幅36mm以上×高さ30mm以上
  • 2)一般構造用軽量形鋼:
  • 大きさ:幅50mm×高さ100mm以上、鋼材厚さ2.3mm以上(JIS G 3350)

施工図

FRP防水

ページの先頭へ