屋根防火(飛び火):
ベランダベース(ベランダFRP防水下地)

認定証
飛び火認定 DR-0257

主な用途

Point1 省令準耐火構造の戸建住宅の屋根(ベランダ・バルコニー)

不燃認定品アスノン8mm以上+合板等12mmの仕様で飛び火認定取得!ベランダ、バルコニーの防水下地材として使用出来ます。

Point2 準防火地域、22条区域等における戸建住宅、共同住宅の屋根(ベランダ・バルコニー)

不燃認定品アスノン8mm以上+合板等12mmの仕様で飛び火認定取得!ベランダ、バルコニーの防水下地材として使用出来ます。

飛び火認定とは

建築基準法では、防火地域・準防火地域等の建築物の屋根は防火に関する一定の技術基準を満たすこと、及び大臣認定を取得すること等が定められています。この規制は建築物の屋根の他ルーフバルコニー(階下に居室が設けられたバルコニー)にも適用されます。従って、屋根やルーフバルコニーに防水施工を行う場合、その工法が『一定の技術基準を満たし大臣認定を取得していること』が必要です。『飛び火認定』とはそのような屋根防火に関する大臣認定のことで、防水が露出仕上げの場合は認定取得が必ず必要となります。

製品仕様

仕 様 FRP防水材・スラグせっこう板(アスノン8mm以上)+合板等12mm以上/木製下地
基材 スラグせっこう板(アスノン):不燃認定番号 NM-8314
サイズmm 厚:8・10・11・12・16mm 寸法:910mm×1,820mm
※特注サイズは営業所までお問い合わせください。合板・FRP防水塗料は別途ご用意してください。

施工説明

ページの先頭へ