耐火GS・耐火SG・耐火GSⅡ・耐火88・耐火12W 耐火構造(間仕切壁)標準施工要領

標準施工要領 耐火GS・耐火SG

  1. スタッドは455mmピッチで組み立ててください。
  2. 下張りボードは突き付け張りとし、タッピンねじにて取り付けてください。
  3. 下張りボードと上張りボードの目地は重ならないようにずらして取り付けてください。
  4. 目地の仕上げは、グラスファイバーテープ及び目地処理材にて平滑に仕上げてください。
  5. 表面の仕上げは防火上支障のない、ペンキ塗装、クロス張り、吹き付け等で仕上げてください。

構成 耐火GS

1.仕上材料

仕上材料 石膏ボード アスノン
(スラグせっこう板)
認 定 不燃NM-8619 不燃 NM-8314
厚 さ mm 12.5 8
規 格 mm 標準寸法/幅910×長さ1,820
重 量 kg/m2 8 9
kg/枚 14 15

2.標準部材

ランナー [-50×40×0.6mm以上
スタッド [-50×40×0.6mm以上
タッピンねじ φ3.5×32mm以上
ステープル 長さ20mm以上
その他 目地処理パテ、グラスファイバーテープ

標準施工図

構成 耐火SG

1.仕上材料

仕上材料 石膏ボード アスノン
(スラグせっこう板)
認 定 不燃NM-8619 不燃 NM-8314
厚 さ mm 12.5 8
規 格 mm 標準寸法/幅910×長さ1,820
重 量 kg/m2 8 9
kg/枚 14 15

2.標準部材

ランナー [-50~500×40~75×0.6~3.2mm
スタッド [-50~500×45~75×0.6~3.2mm
タッピンねじ φ3.5×32mm以上
ステープル 長さ20mm以上
その他 目地処理パテ、グラスファイバーテープ

標準施工図

3.施工上の注意

施工後、隙間や貫通孔などがあると、著しく耐火・遮音性能が低下しますので、各工程の途中や施工後は、パテ・コーキングなどの充填材で隙間を完全にシールして下さい。

標準施工要領 耐火GSII・耐火88・耐火12W

  1. ランナー取付け芯を出し、固定ピンで留付けます。
  2. スタッドは455mmピッチで組み立てます。
  3. アスノン(下張り)は突き付け張りとし、タッピンねじで留付けます。
  4. アスノン(下張り)と上張りボードの目地は重ならないようにずらして取り付けてください。
  5. 目地の仕上げは、グラスファイバーテープ及び目地処理材にて平滑に仕上げてください。
  6. 表面の仕上げは防火上支障のない、ペンキ塗装、クロス張り、吹き付け等で仕上げてください。

構成 耐火GSII

1.仕上材料

仕上材料 強化石膏ボード アスノン
(スラグせっこう板)
認 定 JIS A 6901
不燃NM-8615
不燃 NM-8314
厚 さ mm 15 12
規 格 mm 標準寸法/幅910×長さ1,820
重 量 kg/m2 12 14
kg/枚 19 23

2.標準部材

ランナー
スタッド [50~500×40~75×0.6~3.2 (遮音構造 [65~100)mm
グラスウール 厚50mm、24/m3以上
タッピンねじ φ3.5×32mm以上
ステープル 長さ20mm以上
その他 目地処理パテ、グラスファイバーテープ、シーリング材

FP060NP-9051(スペーサーなし) 施工例

構成 耐火88・耐火12W

1.仕上材料

仕上材料 アスノン
(スラグせっこう板)
耐火88 耐火12W
認 定 不燃 NM-8314
厚 さ mm 8(2枚張) 12(2枚張)
規 格 mm 標準寸法/幅910×長さ1,820
重 量 kg/m2 9 14
kg/枚 15 23

2.標準部材

ランナー [65~500×40~75×0.6~3.2 (遮音構造[ 65~97)mm
スタッド
タッピンねじ φ3.5~32mm以上

※遮音構造は耐火12W

標準施工図

ページの先頭へ